あかいねじ

感想を書く。SF、ミステリ、それ以外について。

海外文学

リチャード・ブローディガン『パルプ』感想

悪文に捧ぐ。

カート・ヴォネガット『青ひげ』感想

「人生のすべてがジョークなのさ」とわたしは答えた。「知らないのか?」

リチャード・パワーズ『幸福の遺伝子』感想

私は自分がこの話からどんな物語を作ることになるか知っている。一つの言葉から次の言葉へと、徐々に自由になる物語だ。無意味な細部と真空から自らを作り上げていくタイプの物語。偶然みたいな選択が存在しない物語。

オーウェン・キング/スティーヴン・キング『眠れる美女たち』感想

「先住民のブラックフット族の言いつたえでは、茶色い蛾は眠りと夢をもたらすんですって」

レーモン・クノー『文体練習』感想

S系統のバスのなか、混雑する時間。ソフト帽をかぶった二十六歳くらいの男、帽子にはリボンの代わりに編んだ紐を巻いている。——

フェルナンド・ペソア『アナーキストの銀行家』感想

「だった、じゃない。かつてもそうだし、今もそうだ。この点、僕はかわらない。現に僕は、アナーキストだ」

G・ガルシア・マルケス『予告された殺人の記録』感想

自分が殺される日、サンティアゴ・ナサールは、司教が船で着くのを待つために、朝、五時半に起きた。

ウンベルト・エーコ『ウンベルト・エーコの小説講座』感想

テクストとは、多様な解釈を引き出すための装置なのです。

ローラン・ビネ『言語の七番目の機能』感想

エーコ+『ファイト・クラブ』を書きたかった。 「人生は小説ではない。」